ディズニーのペアチケットを二次会の景品にする時のポイント

結婚式の二次会の幹事を任されたのだったら、進行を考えなければなりませんが、大体どのパーティーの場合にも入っているイベント的なものは、準備が簡単に行えるゲームやビンゴです。 景品にみんなが欲しがるようなものを入れておけば、ゲームやビンゴは白熱して盛り上がるでしょう。せっかくのパーティーですから盛り上がったほうが楽しいですが、そんな時におすすめの人気アイテムは、ディズニーリゾートのペアチケットです。 これは、ランドでもシーでもどちらか好きな方に1日行けるチケットが2枚入ったものです。幹事としてチケットを選ぶ際には気を付けなければならないポイントがあります。また、ゲームやビンゴを盛り上げるためのテクニックなど知っておくと良いポイントをまとめていきます。

ディズニーのペアチケットとはどんなものか

公式ショップに2人で入れるチケットが販売されているわけではありません。ではどのように購入すればよいのかというと、オープン券と言われるギフトパスがそれに当たります。 オープン券とは、日付指定がされていない1年間有効の券になります。しかし、通常のオープン券は他人に譲渡することができませんので二次会の景品として使うには不適切です。ではどうすればよいのかというと、ギフトパスポートを購入しましょう。ギフトパスポートはその名の通り、人に贈ることができるパスポートで有効期限は1年間になります。 ここで注意しなければならないのは、パスポートには日にち指定がされているものとされていないものがある点です。景品として使うのであれば、当たった人が自由に行きたい日を設定できるオープン券を買いましょう。

オープン券を購入する時の注意点やゲームを盛り上げるテクニック

オープン券は日付指定がされていない券ですので、混雑日には入園できない可能性があります。確実に入園するには日付指定のチケットに交換することですが、手数料が200円かかりますのでその点を当たった人に言ってあげると親切です。 ディズニーのペアチケットが当たるのを目玉にしてゲームやビンゴを行う時のテクニックとして、この目玉商品は最後まで当たらないようにしましょう。途中で当たってしまうとその後場がしらけてしまう可能性があります。 ビンゴなら、ビンゴになった人全員にくじ引きをしてもらい、ゲームの最後で一斉にオープンして誰が当たっているか分かるようにすると盛り上がります。また、ただチケットを渡すだけでなく、最近はパネルと目録をセットにして販売しているものもあり、目録はそのまま会場に立てて使えるのでおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加